おすすめ副業

【副業初心者向け】動画編集の始め方完全ガイド!業界の現状やメリット・デメリットを徹底解説!!

皆さんこんにちは!
副業police管理人のこうです。

この記事では、手に職をつけて将来的にも自分の力で稼いでいきたい!という方に向けた副業をご紹介します。

ご紹介する副業は『動画編集』です。

現在、YouTubeやTikTokなどの伸びを見て分かるように、動画編集者の需要もかなり高まっています。

今こそ動画編集を学ぶべきタイミングです。

これから動画編集の具体的な仕事内容やメリット・デメリットなどを詳しく解説していくので是非参考にしてください。

それでは内容の解説に入っていきます。

副業についてのご相談があればLINEでいつでもご相談ください。

友だち追加

動画編集って何をするの?

動画編集といってもクライアントによって仕事内容が大きく変わります。

テロップや音声を入れるだけのシンプルな案件もあれば、動画の構成や撮影、企画に携わることもあります。

具体的な依頼例内容をまとめてみました。

・イベント(結婚式など)で流すムービー作成

・YouTubeやTikTokの代行編集

・商品やサービスのPR動画作成

YouTubeやTikTokなどの動画投稿アプリが広く普及したことにより、最近はYouTube関連の案件が目立っています。

動画編集業界の現状

動画編集は今かなり人気の仕事です。

YouTubeやTikTokの盛り上がりを見てわかるように、動画編集者の需要は高まり続けています。

また、5Gの開始など動画編集者にとっての環境は日に日に良くなっています。

そして、その高まる需要に合わせて動画編集について学べる環境も整ってきています。

未経験者でもスキルを取得し、副業として収入を得たり、独立して稼いだりと魅力と夢の溢れた職業となっています。

未経験でも稼げるという事は、誰にでもチャンスがあるという事です。

しかし、逆にいうと誰にでもできるため、どこかで他人と差別化しなければ動画編集で稼いでいくのは厳しいでしょう。

そこで、差別化を図るための1つの方法として、プロから実践スキルを学べるオンラインスクールを受講する事をおすすめします。

スクールを有効活用し、副業として月5万〜10万円を数ヶ月で稼げるようになった方もいます。

始めて数ヶ月でこの収入は夢がありますよね。

スクールに通う=稼げるというわけではありませんが、少なくとも右も左も分からない方が独学で始めるより稼げる可能性は高いです。

興味のある方はこちらからスクールの詳細をご覧下さい。

マンツーマン動画編集スクール「Reversal」受講生募集

副業として動画編集のメリット・デメリット

ここまで動画編集の内容や業界の現状について説明してきました。

ここからは副業として始めるにあたって、動画編集のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

・動画編集は成長している市場である
・パソコン(スマホでも一応可能)が1台あればどこでも作業できる
・将来的に独立も可能
・副業として取り組みやすい
・年齢や性別関係なく始められる

・PCや動画編集ソフトが必要となるため、初期投資がかかる
・クライアントから仕事を依頼されるため、納期や対応に追われ自分のペースでは仕事をできない
・仕事を自分で取らなければならない

以上が動画編集を副業として行うにあたっての大まかなメリット・デメリットとなります。

このメリットとデメリットを見比べても、動画編集は始めるべき副業と言えるのではないでしょうか?

デメリットの中で1番ネックなのが、自分で仕事を取らなければならないところです。

スキルを身につけたはいいものの、仕事がなければ稼げません。

自分で仕事をとる経験や営業力のない方にとってこの点は大きな不安点ですよね。

でも安心して下さい。

私が紹介しているオンラインスクールでは案件の取り方まで教えてくれます。

スクール受講後、案件を受注できなければスクール代を全額返金してもらえるので安心です。

動画編集スキルや案件の受注方法など最短で学んで稼ぎたいという方はスクールを受けるのが1番の近道でしょう。

マンツーマン動画編集スクール「Reversal」受講生募集

動画編集に向いてる人・向いていない人

動画編集の仕事にも向いている人、向いていない人がいます。

どの仕事でもそうですよね。

自分に合っていないのに無理をしてやっているといつか限界がきます。

副業は自分に合った仕事を選べるのが良いところです。

これから向いてる人・向いてない人の特徴を説明しますので、是非参考にしてください。

動画編集に向いている人

細かい作業をコツコツと積み上げていくのが好き

動画編集は長時間パソコンに向かってコツコツと地道な作業を行います。

たった10分の動画を作るのに10時間以上かかるという事もザラにあります。

そのため、長時間作業をする集中力が必要となってきます。

黙々と長時間作業をするのが好きで苦にならないという方にとってはうってつけの仕事と言えるでしょう。

作品を作り、人に喜んでもらうことが好きな人

動画編集はエンターテイメントです。自分の作った動画で誰かに喜んでもらいたい!という思いは大切です。

誰かに喜んで欲しいという思いがあると、より動画に力を入れようとするため、このようなサービス精神がある人が動画編集に向いていると言えるでしょう。

また、みてくれる人の反応を楽しみにしながら自分自身も楽しんで作業できるのが動画編集の魅力です。

動画・映像が好きな人

動画や映像が好きな人も動画編集に向いていると言えます。

好きなものほど熱中することができ、上達も早いです。

副業とはいえ、何か自分の興味のあるものを選んだ方が得策です。

全く動画に興味のない人と興味のある人では、スキル上達のスピードが段違いです。

完璧主義な人

動画編集はとても細かい繊細な作業を求められます。

テロップの入れるタイミングが少しずれるだけで動画のクオリティーはかなり落ちます。

このような細部の調整も手を抜かず完成度にこだわれる人が動画編集に向いていると言えるでしょう。

伸びている市場で働きたい人

伸びている市場で働きたい人も動画編集に向いています。

近年YouTubeやTikTokの盛り上がりを見てわかるように、動画編集という仕事の需要は高まっています。

サイバーエージェント社がまとめた、国内における動画広告の市場規模を表した推計・予測データによると、動画広告の市場は5年間で4倍の成長が見込まれています。

それに伴い、動画編集という仕事も一緒に成長していくでしょう。

今努力して動画編集スキルを身につけていれば、将来的にも稼げる可能性が高いです。

将来的にフリーランス(独立)を考えている人

将来独立・フリーランスになりたいという人にも動画編集はついています。

現在、動画編集の仕事は増え続けており、需要が高まっています。

しかし、肝心な動画編集者が不足しています。

今からしっかりとスキルを身につけ、コツコツと案件を受注し、実績を積み上げていくことでフリーランス・独立への道がひらけてくるでしょう。
初心者でも月5万円ほどの収益を見込めますので、始めるなら今がチャンスです。

この絶好の機会を逃さないようにしましょう。

動画編集に向いていない人

計画性がなく、納期を守れない人

決められた納期に向け、しっかりと計画を練り実行できない人は動画編集に向いていません。

動画編集で収入を得るとき、多くの場合がクライアントからの発注に基づき、それに沿った動画を納品してお金をもらいます。

そのため、ほとんどの仕事に納期が存在します。

決められた納期を守れないと信用を失い、仕事をもらうことができなくなってしまいます。

自分自身のYouTubeチャンネルを持っているのであれば例外ですが、ほとんどの場合動画編集=納期があると思っておきましょう。

コツコツと地道な作業が苦手な人

コツコツと地道な作業ができない人は動画編集に向いていません。

動画編集の仕事は細かく地味な仕事が多いです。

何時間も集中して細かい作業を強いられます。

この作業が苦手な人は動画編集には向いていないかもしれません。

しかし、動画編集自体の難易度はそれほど高くないため、苦手な人でも続けていくことにより慣れることができます。

諦めるのではなく、一度挑戦してみるのもおすすめです。

動画に興味がない人

動画コンテンツ自体に興味がない人も動画編集には向いていないかもしれません。

動画が好きな人しか動画編集という仕事ができないわけではありません。

しかし、動画自体が好きな人とそうではない人では、後々に編集スキルなどに大きな差が出てきます。

やはり自分が興味があって少しでも楽しいと思える仕事を選んだ方が継続につながるためおすすめです。

コミュニケーションが苦手な人

仕事で他人とコミュニケーションをとりたくないという人も動画編集には向いていません。

動画編集はクライアントとコミュニケーションをとって仕事を進めていきます。

クライアントの意向に沿った動画編集を求められるため、相手の要望を理解するコミュニケーション能力が求められます。

これは動画編集に限らず、どの仕事にも共通して言えることです。

全体的な仕事で言うと、動画編集の仕事は比較的他人とコミュニケーションを取らずに仕事ができるため、最低限のコミュニケーションが取れる方は心配ないと思います。

以上が動画編集に向いている人、向いていない人の特徴です。

あくまでも特徴なため、向いていない人に該当するからといって諦める必要はありません。

何事も本気で努力すれば必ず報われます。

興味のある方はまずは、プロからスキルを学んでいきましょう。

マンツーマン動画編集スクール「Reversal」受講生募集

動画編集スキルは独学で学べる?

ここまで記事を見てきて動画編集という仕事に興味を持った方が多いのではないでしょうか?

そこで動画編集スキルは独学で学べるのか気になっていると思います。

結論から言いますと、独学でも十分動画編集スキルは身につけることができます。

最近動画コンテンツが増えてきているため、それに伴い動画編集を学べるサイトや動画も増加しております。

そのようなコンテンツを利用すれば初心者でもテロップや効果音の挿入など基本的なスキルは身につけられるでしょう。

費用も抑えられ、自分のペースで学べるのも独学のメリットですね。

しかし、デメリットもあります。

まず、スキルを身につけるのに時間がかかります。

スキルを身につけるのが遅くなる=お金を稼ぐのが遅くなるということにつながってきます。

また、独学でスキルを学ぶとどうしても趣味程度のスキルで落ち着いてしまいます。

動画編集者として案件を受注して稼いでいきたいと本気で思うのであれば、スクールへ入校することをおすすめします。

独学で学んだ方よりスクール受講歴がある方が、動画編集を頼む側も信用できますよね。

おすすめの動画編集スクール

ここまでも記事の途中でご紹介してきましたが、改めて私がおすすめする動画編集スクールの特徴をお話ししておきます。

ご紹介する動画編集スクールは『Reversal』です。

こちらのスクールですが、以下のようなメリットがあります。

動画編集スキルだけでなく、PCや光回線の選び方など知識の全くない初心者にも安心な内容となっています。

また、卒業後93%の方が案件を受注しており、スクールの実績も十分と言えるでしょう。

万が一卒業後案件を受注できなかった場合は、スクール代が全額返金されます。

ここが1番のポイントです。

Reversalはスクールを受講して貰えば絶対に稼がせる自信があるということでしょう。

返金保証もあるため、一歩踏み出す勇気がない方も安心して挑戦してみてはいかがでしょうか?

マンツーマン動画編集スクール「Reversal」受講生募集

現状を変えるにはまず自分が変わり、行動するしかありません。

勇気を持って一歩踏み出したらきっと今よりもいい未来が待っているはずです。

皆さんも勇気も出して行動に移していきましょう。

動画編集スクールやその他なんでもご相談などがあればいつでも気軽に連絡して下さい。

相談料・コンサル料などは一切いただきませんのでご安心ください^ ^

友だち追加